FC2ブログ
 
 
 
 

UO八犬伝

Dousetsu@Ultima Online MZH

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
10/22
弓使いのスキル構成
ぼくのメインキャラ、Dousetsuは弓使い。
キャラクター作成の時は剣術を選んだのだけど、弓の方がかっこいいという単純な理由で、早い段階で鞍替え。
以来ずっと得物は弓だ。

MLが導入されると、弓が超強化された。みんなエルヴンコンポジを持って敵に張り付いていたりしたものだ。
でも最近では、リーチ半減の仕様などもあり、弓を選ぶことに強さの意味で価値は無い。
戦士系キャラなら、剣、槍、棍のどれかを使う、いわゆる白豚ビルドが一般的。


剣使いの白豚キャラは別にいるので、Dousetsuにはどうにか弓を持たせたいものだと思っている。
弓使いのスキル構成を考える上で難しいのは、パーティで活動することを想定した場合。

ソロの場合、あまりビルドで悩む必要はない。白豚の武器スキルを弓術に変えれば、基本それで良い。
受け流しスキルを抜いて、適当に霊話とか治療とかレジとか入れれば完成。
面倒なら、SpMマナコスト軽減のために、受け流しスキルをそのままにしても良いくらいだ。


問題は、パーティでの対ボス戦闘を考慮に入れる場合。以下が白豚ビルド弓使いの主な問題点。

・メインタンクを務めることが出来ない。
・サブアタッカーとしても、他の武器を使う白豚より攻撃力が高いわけではない。
・自分がタゲをもらうと耐えきれないため、タゲを切らざるを得ない。その手段がインビジPOTもしくは他のメイジ頼みになる。
・メインの白豚がパーフェクションを取るため、弓使いは高い武士道スキルを持っている意味がほぼ無くなる。


メインも張れず、メイジのようにサポートもできない。ボス戦で役に立つ存在では決してないのだ。

じゃあどうするか。最低でも、パーティの足を引っ張らない存在にはなれるかなぁと考えたのが以下のスキル構成。


 弓術:120
 戦術:100
 解剖学:100
 忍術:50
 武士道:50
 騎士道:75
 ハイド:100
 ネクロ:40
 霊話:85


霊話から騎士道へ少し移してもいい。
この構成の弓使いは、パーティで以下の事を行える。

・ハイドでタゲを切れる。忍術50があるから煙玉も使える。
・レイスフォームでボスのマナを吸える。
・レイスフォームなら弓にマナリーチを付ける必要が無いため、低下系やダウン系プロパティを付けてタンクの負担を軽減できる。

武士道50を入れてあるのは、ソロ活動の際に最低限のパーフェクションを取れるように、またSpMのマナコスト軽減のため。
ソロではHP回復手段がカースウェポンと騎士ヒールしか無いので、結構厳しいかも。FCCRが要りそう。


霊話を20~30くらいまで削り、AF装備やアクセでスキルをブーストした上で治療スキルを入れる構成も考えたけど、どうもマナ吸いの量が足りそうに無い。
ハイドも治療より優先すべきと判断した。包帯でタンクを治療するより、ハイドで即タゲを戻す方が歓迎されると思うから。




そもそもこのビルドを完成させていないし装備の練成もできないしパーティで実際使ってもいないので、机上の空論だけどね。

まあ、これから少しずつやってみよう。


スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。